STOP GENOCIDE !中国は民族浄化をやめろ!デモ行進



中国共産党による支配は、日に日に苛烈を極めています。
ウイグルでは、数百万人を強制収用所に入れ、共産主義思想の洗脳教育、豚肉食の強要、強制労働、生体からの臓器強奪などが平然と行われています。また、女性に対して不妊手術の強制など、ヒットラーも驚く民族浄化が行われています。
日本をはじめとする先進国は、ウイグル強制収容所で作られた衣服、家具などが、安く販売されている現状を深く考える必要があるのではないでしょうか。

中国国内では、共産党による締め付けが、厳しくなっています。投獄を覚悟しなければ、意見すら言えない状況です。今こそ自由な社会が、声を上げ中国共産党の政策にNOを突き付けましょう。

【日時】2020年10月3日(土) 集合:13時半、デモ出発:14時
【場所】新宿中央公園噴水広場
              17時から、3か所の同時デモが合流し連帯のアピールとデモ
【主催】日本ウイグル協会
【協力】NO!中華人民共和国建国71周年連帯デモ実行委員会

※当日は主催者の指示に従ってください。
※民族差別的なシュプレヒコールやプラカードはお断りします。
※コロナ対策は各自でお願いします。