【署名キャンペーン】中国核実験被害をユネスコ記憶遺産に、10月16日を中国核実験被害記念日に


【署名キャンペーン】中国核実験被害をユネスコ記憶遺産に、10月16日を中国核実験被害記念日に

中国核実験被害をユネスコ記憶遺産に、10月16日を中国核実験被害記念日に

 1964年10月16日から1996年までの32年間、中華人民共和国は東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)のロプノールで核実験を行った。中国政府は46回におよぶ核実験を行ったと公式発表しているが、実際は小規模の実験も含め同地における核実験は50回以上に及ぶと推定される。

 1980年10月16日に最後の大気圏内核実験が行われ、1996年7月29日に最後の地下核実験が行われた。その破壊力は日本の広島で12万~14万人の命を奪った核爆弾の1300~1400倍の破壊力を持つものである。

 中国政府は核実験による環境汚染と現地のウイグル人の健康被害を否定し続けている。
 核実験は周辺住民への配慮なく続けられた。現地のウイグル人たちは何が行われていて、自分たちの健康にどのような影響があるか全く知らされてはいなかった。

 1994年、ウイグル人医師のアニワル・トフティは勤務する病院でウイグル人とウイグル地域に住んでいた漢人の悪性腫瘍の発生率の高さに気づき独自調査をはじめる。
 その後、英国のドキュメンタリー映画のスタッフに協力し核実験の被害者を取材。完成したドキュメンタリー映画「Death on the Silk Road」は1998年にイギリスのチャンネル4で放送され、中国の核実験被害を世界に告発した。

 非人道的な核実験により核兵器を手に入れた中国政府は、パキスタン・北朝鮮・イランなどの国々に核の技術を提供している。
 現在、経済発展した中国は軍事力や核の脅威を背景に周辺国の国土や領域で挑発行為を続けている。このような行為は世界およびアジアの平和を脅かすものである。

 私たちは中国核実験被害の実態の解明と、核兵器の被害者をこれ以上増やすことのない、核なき世界の実現のために、2つのキャンペーンを国際社会に呼びかける。

「中国核実験被害をユネスコ記憶遺産に」
「10月16日を中国核実験被害記念日に」

2016年8月14日

代表呼びかけ人

ウイグル人医学博士
アニワル・トフティ

東トルキスタン亡命政府 大統領
アフメットジャン・オスマン


署名の方法

・下記のURLからchange.orgにアクセスしてください。
・姓、名前、Eメールアドレス、国、都市、または郵便番号を入力してください。
・賛同ボタンをクリック

キャンペーン · 中華人民共和国: 中国核実験被害をユネスコ記憶遺産に、10月16日を中国核実験被害記念日に · Change.org

https://goo.gl/W1OFjy(短縮URL)

※英語、中国語、ウイグル語などの署名呼びかけ文は現在準備中です。


【署名キャンペーン】中国核実験被害をユネスコ記憶遺産に、10月16日を中国核実験被害記念日に : eastturkestan19641016.com
http://eastturkestan19641016.com/change_org/