【11月18日、20日 東京】東トルキスタン独立記念式典、世界ウイグル会議ドルクン・エイサ総裁来日講演会のお知らせ※講演会が変更、歓迎会が中止になりました

【11月18日、20日 東京】東トルキスタン独立記念式典、世界ウイグル会議ドルクン・エイサ総裁来日講演会のお知らせ※講演会が変更、歓迎会が中止になりました

講演会変更と歓迎会中止についてお知らせとお詫び ※2018年11月17日更新
  取り急ぎご報告申し上げます。ドルクン・エイサ氏が飛行機の事情で、大変申し訳ありませんが18日の講演会と歓迎会に間に合うことが出来ません。

 18日は参加費を無料とさせていただきイリハム・マハムティより現在の世界ウイグル会議の活動について報告をいたします。皆様方にご迷惑をかけたことを深くお詫びいたします。

 なお11月20日夜7時より、東京都内でドルクン・エイサ氏講演会を予定しておりますので18日ご参加いただいた方には20日は無料でご参加いただけるよう手配いたします。誠に申し訳ありません。


2018年 東トルキスタン独立記念式典
1933年及び1944年の11月12日に、東トルキスタン共和国は独立を宣言しました。残念なことに今は独立を失い、中国の植民地となっていますが、全世界のウイグル人は、この日を記念日として記憶し、未来の民族自決のために全世界で記念式典が行われています。

講師:イリハム・マハムティ
(世界ウイグル会議東アジア太平洋地域全権代表、日本ウイグル協会代表)

日時:11月18日(日)午後3時開場 3時半開会
場所:ハロー貸会議室半蔵門
東京都千代田区平河町1-2-2 朝日ビル5階(Google地図
(東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 1番出口 徒歩1分)
https://www.hello-mr.net/yotsuya/detail/109/
会費:無料(事前申し込みは不要です)

主催:特定非営利活動法人 日本ウイグル協会
協力団体:一般社団法人 アジア自由民主連帯協議会
連絡先:舘 かずこ 電話070−4401−6491


ドルクン・エイサ総裁 来日講演会

講師:ドルクン・エイサ(世界ウイグル会議総裁)

日時:11月20日(火)午後6時半開場 7時開会
場所:TKP新橋汐留ビジネスセンター102会議室
(東京都港区新橋4-24-8 HP Google地図
会費:1000円※18日ご参加いただいた方は無料(事前申し込みは不要です)

【ドルクン・エイサ Dolkun Isa】
1988年、新疆大学で民主化デモを指導、その後中国政府からの迫害を受け、94年、ドイツに政治難民として亡命。現在はドイツ国籍を持つ。ドイツでも在住ウイグル人の組織化に従事。2004年、結成された世界ウイグル会議の事務総長に就任。一貫してウイグルの人権問題改善を国連など国際組織に訴えてきました。2016年、その功績が評価され、共産主義記憶財団の人権賞を受賞しました。2017年、世界ウイグル会議総裁に就任。ウイグルでますます強まる中国政府の迫害と民族浄化政策に抗する運動の指導者として活動しています。また、UNPO副議長として、国家を奪われた世界の各民族の問題に取り組んでいます。

主催:特定非営利活動法人 日本ウイグル協会
メール:info@uyghur-j.org
連絡先:イリハム・マハムティ 電話080-3248-3463


※11月18日のドルクン・エイサ総裁 来日歓迎会は中止になりました。
お問い合わせ:イリハム・マハムティ 電話080-3248-3463
FAX:03-5980-9255


※大阪でも開催されます
【11月22日大阪】世界ウイグル会議総裁ドルクン・エイサ氏講演会「日本も他人事ではない!!ウイグル民族の悲惨な実態
https://uyghur-j.org/japan/2018/11/dolkunisa_osaka_20181122/


在日ウイグル人証言録

強制収容所生還者関連記事

  1. NHK 2021/11/16 「私は一度 “殺されました”。だから、報復は怖くありません」 …
  2. 産経新聞 2021/8/7 赤い独裁国家を告発した本を一心不乱に読んだ。『重要証人 ウイグルの強制…
  3. FNN 2018/12/8 ”動物のように”縛られ、壮絶な拷問 中国・新疆ウイグル自治区…
  4. 現代ビジネス 2021/8/20 あるカザフ人女性の証言 長いあいだ書こうと思って、どうして…
  5. Christian Today 2021/7/25 ウイグル人女性のトゥルスネイ・ジヤウドゥンさん…
  6. JAPAN Forward 2021.4.12 中国当局による新疆(しんきょう)ウイグル自治区…
  7. CNN 2021/2/20 (CNN) 中国政府が運営する新疆ウイグル自治区の収容施設に教師と…
  8. 産経新聞 2021.4.7 中国当局により、新疆(しんきょう)ウイグル自治区で約2年3カ月間、…
  9. 産経新聞 2021.4.17 【ロンドン=板東和正】中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区の収…
  10. ギュルバハル・ハイティワジは10年間のフランスでの亡命生活の後、書類へサインするため一時的に戻った中…

在日ウイグル人の被害状況関連記事

  1. 産経新聞 2021年3月4日  あるウイグル人女性の死亡の知らせに、在日のウイグル人コミュニテ…
  2. 47NEWS 2021/12/7 中国新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の再教育を名目に、ウイグ…
  3. NHK 2021/6/30 100万人を超える人たちが不当に拘束されていると指摘されている、中…
  4. 産経新聞 2022/2/21 千葉大大学院で研究経験を持つアブドハリリ・アブドレヒミ氏(47)が昨…
  5. The Asahi Shimbun GLOBE+ 2022/2/4 北京オリンピックが2月4日…

東トルキスタンの国旗

東トルキスタンの国章

東トルキスタンの国歌

ウイグル応援しおり

最新記事

ページ上部へ戻る