【9月30日 東京】中国ファシスト政権による、ウイグル人の強制収容所での虐殺に抗議するデモ行進のお知らせ


【9月30日 東京】中国ファシスト政権による、ウイグル人の強制収容所での虐殺に抗議するデモ行進のお知らせ

中国ファシスト政権による、ウイグル人の強制収容所での虐殺に抗議するデモ行進

 去る8月、国連の人種差別撤廃委員会は、中国政府がウイグル人を、事実上の強制収容所に送り込んでいることに対し勧告し、人権状況の改善を求めました。しかし中国政府はその勧告を無視し、今もなお、何の罪もないウイグル人を「再教育センター」という名のもとに強制収容所に送り続けています。
 私たちは、ナチス・ドイツを想起させるこのような蛮行を行う中国政府により、ウイグル人たちが虐殺されていくのを座視することはできません。9月30日、日本ウイグル協会は、下記の通り日本で抗議デモを開催します。在日ウイグル人も多数参加いたします。ぜひ多くの日本国民の皆様が、私たちのデモ行進にご参加くださることをお願いいたします。

日時:2018年9月30日 集合12:30 出発13:00
集合場所:常盤公園
(東京都中央区日本橋本石町4丁目4−3 Google地図
解散場所:日比谷公園公会堂前

主催:特定非営利活動法人 日本ウイグル協会 http://uyghur-j.org

※当日は主催者の指示に従ってください。
※民族差別的なシュプレヒコールやプラカードはお断りします。


【関連】
中国のウイグル人への弾圧状況についてレポート:在日ウイグル人有識者会議
http://uyghur-j.org/japan/2018/09/uyghur_japan_report_20180908/