代表 イリハム・マハムティ


イリハム・マハムティ Ilham Mahmut   ئىلھام ماھمۇت

1969年、ウイグルのコムル(ハミ)生まれ。

1998年 新疆大学卒業(人文学)。
2001年 来日、日本語学校、コンピュータ専門学校を経て2005年日本のIT企業に就職。
2008年 世界ウイグル会議の日本支部である「日本ウイグル協会」が設立され、その代表に就任。
2012年 世界ウイグル会議の副総裁(東アジア地区担当)に就任。

シンポジウム「シルクロードにおける中国の核実験災害と日本の役割」を主催。ダライ・ラマ法王と単独で会見東トルキスタン・オリンピック反対デモ行進で支援者と。

※(写真左から) ・2009年3月18日、東京の憲政記念館で行われたシンポジウム「シルクロードにおける中国の核実験災害と日本の役割」を主催。写真は来日したアニワル・トフティ医師と核実験被害を訴える様子。
・2008年11月1日、ダライラマ法王事務所の引き合わせにより、ダライ・ラマ法王と単独で会見。
・2008年8月3日、東トルキスタン・オリンピック反対デモ行進で支援者と。デモには400人の支援者が集まった。


イリハム・マハムティの本

中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い
中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い
テンジン、イリハム・マハムティ、ダシ・ドノロブ、林 建良 著 まどか出版チベット人、ウイグル人、南モンゴル人、そして台湾人である筆者が、それぞれいまもなお続く、中国の民族弾圧の真実、中国の脅威を語る。※日本ウイグル協会代表のイリハム・マハムティが、東トルキスタンの歴史や中国政府による人権弾圧や核実験被害、民族浄化の現状。そして、祖国東トルキスタンのために日本で活動をはじめた経緯について語っています。

7.5ウイグル虐殺の真実 ウルムチで起こったことは、日本でも起きる
7.5ウイグル虐殺の真実 ウルムチで起こったことは、日本でも起きる
イリハム マハムティ(著) 宝島社日本のマスコミは、中国政府がやった少数民族への弾圧を正しく報道しない。ウルムチで起きた7月5日の事件は暴動ではなく、中国政府のウイグル人に対する虐殺だ。ウイグル人で殺されたものは1000人をゆうに超える。そして、中国政府の弾圧は、いまにはじまったことではない。世界ウイグル会議日本代表のイリハム氏がその真実を書く!※この本の印税の一部は、日本ウイグル協会の活動資金にカンパされます。


イリハム・マハムティのネット番組

ウイグルの声
2016年7月、日本文化チャンネル桜にてウイグルの番組「ウイグルの声」がスタートしました。「ウイグルの声」は、中国共産党により民族浄化の危機にあるウイグル人の現状やニュース・文化・歴史等を多言語でご紹介する番組です。