「ウイグル人再教育キャンプ」を生き延びた女性の告白

ギュルバハル・ハイティワジは10年間のフランスでの亡命生活の後、書類へサインするため一時的に戻った中国で拘束された。それから2年間、ウイグル人の彼女を待っていたのは「再教育」という名の拷問と洗脳だった。
ガーディアン(英国)が報道した詳細について、以下のリンクをご覧ください。

すべては1本の電話から始まった… 新疆「ウイグル人再教育キャンプ」を生き延びた女性の告白
監視、暴力、身体訓練、学校での「授業」… ウイグル人再教育キャンプで行われていること
砕け散った精神を抱え… 「洗脳」との戦いから降りるとき

関連記事



ウイグル応援しおり

東トルキスタンの国旗

東トルキスタンの国章

東トルキスタンの国歌

ウイグル応援しおり

最新記事

ページ上部へ戻る