広がる抗議活動、決議や集会も 中国迫害に在日ウイグル人

神奈川新聞 2021.4.12

中国政府によるウイグル人への迫害を止めようと、在日ウイグル人団体「日本ウイグル協会」が地方での抗議活動を活発化させている。

昨年11月に県内市議らが中心となり発足した「ウイグルを応援する全国地方議員の会」(会長・丸山治章逗子市議会議長、会員数23人)と連携。草の根から世論を盛り上げたい考えだ。

「お母さんが生きているのか、妹が元気なのかも分かりません。ウイグル人を消さないでください」

3月27日、横浜市中区の桜木町駅前─。マイクを手に同協会理事のハリマト・ローズさんが声をからした。在日ウイグル人と地方議員の会の市議ら約30人がビラを配っていた。
続きは、以下のリンクをご覧ください。
https://www.kanaloco.jp/news/social/article-465747.html

ウイグル応援しおり

東トルキスタンの国旗

東トルキスタンの国章

東トルキスタンの国歌

ウイグル応援しおり

ページ上部へ戻る