【2019年7月5日、6日】ウルムチ事件10周年追悼デモ、デモ行進と中国大使館前抗議


【2019年7月5日-6日】ウルムチ事件10周年追悼デモ、デモ行進と中国大使館前抗議

 2009年7月5日のウルムチ虐殺事件10周年への抗議、そして現在数百万人が入れられている強制収容所の閉鎖を求めてデモ行進を開催します。

 2009年7月5日、東トルキスタンの首府ウルムチで行われたウイグル人の平和的な抗議行動は、中国の治安部隊によって残酷に取り締まられ、無数のデモ隊参加者が殺され逮捕されました。
 そして現在、ウイグル人を始めとする東トルキスタンの人々は次々と「再教育」という名の政治犯収容所に入れられ、そこで中国共産党と中国人の価値観を受け入れるよう強制されています。多くのウイグル人が行方不明となり、家族は切り離されています。

 この自由民主主義の国、日本で、私たちは中国政府による民族浄化政策に抗議の声をあげるデモ行進を行います。
日本の皆様も、私たちと共に、ウイグル人を救うために声をあげ、ともに行進していただくことを心からお願いいたします。


●デモ行進
2019年7月6日(土) 10時半集合 11時出発
集合: 花川戸公園 (東京都台東区花川戸1-14-15 浅草駅から3分 ※Google地図

●中国大使館前抗議
2019年7月5日(金) 14時集合
集合: 麻布税務署前(東京都港区西麻布3-3-5 ※Google地図

※当日は主催者の指示に従ってください。
※民族差別的なシュプレヒコールやプラカードはお断りします。

主催:特定非営利活動法人 日本ウイグル協会
連絡先:
TEL:080-3248-3463(イリハム・マハムティ)
TEL:03-5615-9597(事務所)
ホームページ:https://uyghur-j.org
メールアドレス:info@uyghur-j.org

※PDFファイル(1MB)
https://uyghur-j.org/2019/20190705-0706_jua.pdf

※画像ファイル
https://uyghur-j.org/japan/wp-content/uploads/2019/06/20190705-0706_jua_800.jpg