日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~


2011年12月3日 日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~

 

今回、ジャーナリストの青木直人先生をお迎えして上記のようなテーマの勉強会を企画しました。文字通り、国民の税金が原資となる日本の対中援助がウイグルやチベットにおける中国政府の民族浄化政策においてどのような役割を担ってきたのかということを知るための勉強会になります。

青木先生は長年に渡り中国を中心とする東アジア情勢について緻密な取材を重ねられ、日本の対中援助の内幕についても長期の取材を重ねて来られました。その実態を把握している唯一のジャーナリストです。青木先生の御著書や2009年春から発行されている「ニューズレター・チャイナ」を拝見しても、ウイグルやチベットへの漢人の流入及び、西部大開発に繋がるインフラ整備などに日本からの援助が活用されてきた実態が具体例を含め克明に述べられています。

私達は、本来であれば遵守すべき政府開発援助大綱(ODA大綱)を逸脱した援助が成されているということを認識し、それが日本国民の税金で行われている現状を世に問い、疑問を投げかけていくことも必要ではないかと考えました。又、一人でも多くの日本国民にウイグルやチベットにおける問題を身近に感じて頂く上で、そして、ウイグル、チベットで起こっている数多くの問題を日中関係おける最重要課題の一つに引き上げる上で、非常に大切な要素なのではないかと考えております。

私達は運動を継続し広げていくだけでなく、ここ日本から中国に向けて強烈なメッセージを与え続けていかなくてはなりません。ウイグルやチベット弾圧に加担しかねない対中外交の路線変更が成され、未来永劫中国への援助が少数民族弾圧に利用されない様に、そして、今なお続いているあらゆる援助に一定の楔を打ち込めることが出来るように、まずはその実態を学ぶ機会を設けたいと考えました。

一人でも多くの方にご賛同頂き、本勉強会にご参加頂ければ幸いです。何卒、宜しくお願い申し上げます。

日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~

2011年12月3日 日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~チラシ(1013KB)

【日時】 2011年12月3日(土)18:15開場 18:40開始
【会場】  品川区総合区民会館(きゅりあん)  6F 大会議室
(東京都品川区東大井5-18-1)
【演題】 日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~
【講師】 青木直人氏(ジャーナリスト)
【参加費】 1500円(日本ウイグル協会会員500円)
*事前申込みは不要です。

 

[googlemap lat=”35.606177″ lng=”139.735836″ align=”left” width=”500px” height=”250px” zoom=”17″ type=”G_NORMAL_MAP”]東京都品川区東大井5丁目18−1[/googlemap]

 

青木先生のブログ:「青木直人BLOG」勉強会へのご招待

 

協会からのお知らせに戻る