日本ウイグル協会は、自民党総裁選の結果を歓迎する

9月29日の自民党総裁選にて、決選投票の結果、岸田文雄先生が自民党の新総裁に選出されました。日本ウイグル協会は、この結果を歓迎し、岸田文雄先生に心から祝意を表します。

岸田先生は、総裁選の公約である政策集の外交・安全保障政策において、ウイグルの人権問題に毅然と対応すると明記し、更には、人権問題担当官ポスト(総理補佐官)の新設など人権問題への対応強化を明記しています。
実質的に日本国の総理大臣を決める総裁選の公約にウイグル問題が明記されたことは画期的なことであり、大変心強く思います。中国共産党政権による非人道的犯罪行為に苦しむ全てのウイグル人に代わって、心より感謝申し上げます。

岸田先生はまた、日本ウイグル協会等諸民族団体が実施したアンケートに対して、ウイグル等における深刻な人権侵害に対する非難決議について「採択すべき」と回答しています。そして、国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ等が実施したアンケートに対して、日本版グローバルマグニツキー法といえる「人権侵害制裁法」の導入について「支持する」と回答しています。

更に、岸田先生は9月25日、ご多忙の中、日本ウイグル協会会長らと国会内で面会し、「ウイグル問題は自由、民主主義、人権、法の支配の価値観を守る重大な事案です。私は人権問題担当総理補佐官を設置するという具体策を掲げ、日本にとっても世界にとっても大切なこの価値観を守っていくことについて、強い気持ちで対処していく覚悟です」と強調しました。

私たちは、新政権発足後に、これらの公約が実現し、行動を伴う具体的な政策として実行されることを強く願っています。

また、裁選挙を争った高市早苗先生が新政権で閣僚に起用されると報道されていることについても、大変心強く思います。高市先生は、「日本ウイグル国会議員連盟」(会長:古屋圭司衆議院議員、事務局長:長尾たかし衆議院議員)にも参加されており、以前からウイグル問題の解決のために積極的に取り組んできた方でもあります。高市先生は9月27日、ご多忙の中、日本ウイグル協会会長らと国会内で面会し、中国の人権侵害に対して対策に取り組んでいく姿勢を改めて表明しました。高市先生が閣僚に起用されることで、新政権がウイグル問題に積極的に関与していくことを期待します。

相次いでジェノサイド認定され、世界中から激しい非難を受けているウイグル人の人道危機に対し、日本が国家としての意思表示をせずに黙認することは、多くの日本国民の道徳観や価値観に反することと考えます。日本が黙認を続けている間にも、ウイグルの人々の命が奪われ、民族を力で滅ぼす人道危機が進行しています。ナチスやスターリンの悲劇を体験した国際社会の一員として、目の前で起こっている人道犯罪に毅然と抗議し、それを阻止すべく世界の模範となる行動をとる日本国になって欲しいと切に願います。

2021年9月30日
日本ウイグル協会

ウイグル応援しおり

東トルキスタンの国旗

東トルキスタンの国章

東トルキスタンの国歌

ウイグル応援しおり

ページ上部へ戻る