世界人権デーに際し日本ウイグル協会からの声明文

世界人権デーに際し日本ウイグル協会からの声明文を発表しました。

世界人権デーと劉暁波氏ノーベル平和賞授賞式の12月10日に国際連合大学前にて人権を訴える集会が行われました。この集会は在日ビルマ人団体を中心に、弾圧される各民族の代表によって行われました。
当協会会長のイリハム・マハムティより声明文が読み上げられました。

当日の写真はこちら

2010年12月10日「世界人権デーに際しての声明文」

1948年、第3回国連総会において「人権に関する世界宣言」が採択されてから62年目の本日を、私たちは深い憂慮とともに迎える。
同宣言によって高らかに謳いあげられた、すべての人が持っている筈の権利は、未だすべての人の手に行き渡ってはおらず、数多の良心と勇気とが目指した理想は、その多くが未だ理想のまま、遠く路の彼方にある。

東トルキスタンのウイグル人においてもまた同様である。

近くは2009年6月、広東省の玩具工場に就業させられていたウイグル人らは、まるで家畜の如く棒で殴り殺された。この事件の真相解明と、政府の適切な対応を求めたデモを行ったウルムチの人々は、ある者は軍や武装警察の銃弾に倒れ、ある者は捕らわれ、法に反した非公開の裁判によって裁かれ、そして処刑された。

恐怖と混乱の土地を離れ、遠くカンボジアの国連難民高等弁務官事務所まで逃れ、その保護下にあった筈の人々を待っていたのは、中国政府の手配による強制送還のチャーター機であった。
翌日、中国の国家副主席は、かねてからの予定通り、カンボジアに降り立ち、多額の援助を約束した。

これらは、1949年、中華人民共和国が成立して以降続く、人権蹂躙の歴史の1ページに過ぎない。人類社会を構成する、すべての人々が、真に人権を希求するのであれば、この歴史にもまた、ピリオドを打たねばならないと私たちは考える。

よって私たちは、以下の通り宣言する。

私たちは、専制と圧迫、それらへの迎合に強く反対する。

私たちは、人が人として生きる権利を踏みにじるすべての論理を拒否する。

私たちは、私たちと同じ理想を共有するすべての人々と連帯する。

私たちは、絶対に希望を捨てない。

2010年12月10日
特定非営利活動法人 日本ウイグル協会

 

協会からのお知らせに戻る

強制収容所生還者関連記事

  1. 西日本新聞 2022/6/27 【北京・坂本信博】中国当局が新疆ウイグル自治区で少数民族に不妊…
  2. ギュルバハル・ハイティワジは10年間のフランスでの亡命生活の後、書類へサインするため一時的に戻った中…
  3. 産経新聞 2021.4.7 中国当局により、新疆(しんきょう)ウイグル自治区で約2年3カ月間、…
  4. 西日本新聞 2022/07/04 中国政府による少数民族抑圧が懸念される新疆ウイグル自治区で何…
  5. 現代ビジネス 2021/8/20 あるカザフ人女性の証言 長いあいだ書こうと思って、どうして…
  6. Christian Today 2021/7/25 ウイグル人女性のトゥルスネイ・ジヤウドゥンさん…
  7. 産経新聞 2021/8/7 赤い独裁国家を告発した本を一心不乱に読んだ。『重要証人 ウイグルの強制…
  8. NHK 2021/11/16 「私は一度 “殺されました”。だから、報復は怖くありません」 …
  9. JAPAN Forward 2021.4.12 中国当局による新疆(しんきょう)ウイグル自治区…
  10. FNN 2018/12/8 ”動物のように”縛られ、壮絶な拷問 中国・新疆ウイグル自治区…

在日ウイグル人の被害状況関連記事

  1. zakzak 2021/6/13 留学生として東大大学院などに在籍し、教育者を夢見ていた中国新…
  2. The Asahi Shimbun GLOBE+ 2022/2/4 北京オリンピックが2月4日…
  3. NHK 2021/6/30 100万人を超える人たちが不当に拘束されていると指摘されている、中…
  4. 産経新聞 2022/7/3 中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区の公安当局から大量流出したウイ…
  5. 産経新聞 2022/2/21 千葉大大学院で研究経験を持つアブドハリリ・アブドレヒミ氏(47)が昨…

東トルキスタンの国旗

東トルキスタンの国章

東トルキスタンの国歌

ウイグル応援しおり

最新記事

ページ上部へ戻る