日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
協会からのお知らせ

日本ウイグル協会からのお知らせ

最新のお知らせに戻る
2012年4月23日 日本ウイグル国会議員連盟と日本ウイグル地方議員連盟が設立
本日午後自民党本部にて、日本ウイグル国会議員連盟が設立されました。

この議員連盟は、「中国のウイグル人に対する強圧的な人権弾圧の実態を明らかにし、ラビア・カーディル総裁以下世界ウイグル会議および日本ウイグル協会との協議を通じて、中国の人権弾圧からウイグル人の人権を守る活動の支援を目的」としています。

また本日午前中には東京都庁にて、日本ウイグル地方議員連盟も設立されました。

世界ウイグル会議第四回代表大会が日本で開催されるに際し、ウイグル問題に深い同情を寄せて下さる先生方が、このように一つの形として議連を立ち上げて下さったことに深く感謝致します。

今後のウイグル民族運動が、国会議員と地方議員の諸先生方からの支援も受けながら、より一層の広がりと深みを増していけるよう励んで参りたいと思います。

日本ウイグル国会議員連盟設立総会
平成24年4月23日 14:00〜15:00 自民党本部


日本ウイグル国会議員連盟の方々と地方議員連盟からお二人
日本ウイグル協会役員及び黄先生、関岡先生との記念撮影



設立準備会顧問である安倍晋三先生の挨拶と、設立準備会代表である古屋圭司先生の挨拶から始まりました。ウイグル人に対して行われている弾圧に対し、人権という人類普遍の原理を基に、日本が中国に対して働きかけていけるように議連を立ち上げた、と設立の目的について述べて頂きました。


安倍先生、古屋先生、衛藤先生



その後、以下のように議連の役員人事が発表されました。

顧問:安倍晋三、中曽根弘文、鴻池祥肇
会長:古屋圭司
副会長:小坂憲次、山本有二、長勢甚遠、鴨下一郎
幹事長:衛藤晟一

(敬称略)

日本ウイグル協会からは、中国に支配されて以降のウイグル人が置かれている厳しい現状をイリハム会長から説明しました。その後、これまでも大きなご支援頂いている、黄文雄先生、関岡英之先生より補足の説明を頂きました。

自由討論の後、閉会、記念撮影となりました。

議連には30名程の先生からの参加表明がなされているとのことです。

今回ご参加頂けました国会議員の方々は以下の12名でした。
安倍晋三、古屋圭司、衛藤晟一、新藤義孝、山谷えり子、加藤勝信、古川禎久、斎藤健、三原じゅん子、渡辺猛之、熊谷大、今津寛(敬称略)


参加頂いた国会議員の方々



設立総会の様子

日本ウイグル地方議員連盟設立総会
平成24年4月23日 12:00〜13:00 東京都庁


日本ウイグル地方議員連盟の方々と日本ウイグル協会会長の記念撮影



議員連盟の会長である小磯明先生からの挨拶の後、日本ウイグル協会会長のイリハムからの挨拶、役員人事の承認が行われ、以下のように決定されました。

会長:小磯明
副会長:小島健一、吉田康一郎、鈴木正人、松浦芳子
幹事長:小坂英二
事務局長:辻村ともこ

(敬称略)

今回参加頂きました議員の方々は以下の6名でした。
小磯明、吉田康一郎、鈴木正人、松浦芳子、小坂英二、辻村ともこ(敬称略)


設立総会の様子
また世界ウイグル会議より、以下の声明が出されました。


日本ウイグル国会議員連盟結成に際しての世界ウイグル会議よりの感謝の言葉

 この度は日本の国会議員の方々が、日本ウイグル国会議員連盟が結成されることに対し、2千万人ウイグル民族を代表し、世界ウイグル会議から心よりの感謝を申し上げます。
 東トルキスタンに住む我が民族、ウイグル人は中華人民共和国の圧政下にあって、言語、文化、宗教など民族を構成する重要な要素が、消されつつあります。
 このような状況にある我々にとって、中国の隣国であり、アジアにおける自由と民主主義の国である日本で、我々を支援して下さる議員の先生方がお集まりくださったことは、大きな励みとなります。
 ウイグル解放運動を本格的に開始してまだ日の浅い日本において、世界ウイグル会議の代表大会を開催できること、更にこのような議員連盟が結成されるということは、日本国民の皆様の自由と民主、人権に対しての意識の高さが現れているものと、これまで抱いていた尊敬の念を更に深めることとなりました。

 我々の置かれている悲惨な現状に対し、アジアの民主主義の先進国である日本政府には以下のことをお願い致します。

1)本当の「多民族共生」を実現するよう、ウイグル人の政治的、文化的、経済的な基本的人権と自由とを尊重するよう、中国政府に対して働きかけて頂きたい。

2)ウルムチ事件など、現地でおきる騒乱に対しての国際調査団を形成し、現地調査が行えるように、国連、中国政府に対し働きかけて頂きたい。

3)無実のウイグル人に対する不当逮捕をやめ、既に逮捕されている人々には公正な裁判が行われるよう中国政府に対し働きかけて頂きたい。

4)テロとの戦いという口実で、ウイグル人の処刑が行われているが、それが本当にテロリストであるのか、公正な目で判断して頂きたい。

5)同じ核被爆国として、ウイグルにおける核実験の実態を明かし、被害者には保障が行われるよう、中国政府に働きかけて頂きたい。

戻る
目次
 
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association