日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
協会からのお知らせ

2011年3月5日(土)「良心の囚人を救え」−中国共産党の人権弾圧の実態−

最新のお知らせに戻る
内モンゴル人民党主催シンポジウム
2011年3月5日(土)「良心の囚人を救え」−中国共産党の人権弾圧の実態−


「良心の囚人を救え」−中国共産党の人権弾圧の実態−

2011年3月5日(土)18:20開場 18:40開始

国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟101号室


「良心の囚人を救え」−中国共産党の人権弾圧の実態− 「良心の囚人を救え」−中国共産党の人権弾圧の実態−
チラシ 表面/裏面

チラシ英語版 表面/裏面

モンゴル人の人権を求めたハダ氏、海外のメディアのインタビューを受けただけのハイレット氏、チベット人の実態を映画にしたドゥンドゥプ氏、中国で民主主義を実現しようと08憲章を提唱した劉氏、彼らは最長で懲役15年の刑を受け服役しています。彼らのように言論や思想により、不当に投獄されている人々を「良心の囚人」といいます。

中国の目覚しい経済発展の影には、数多くの知られざる人権侵害の実態があります。
南モンゴルでは1950年代から民族同化政策が実施され、漢人による圧倒的な人口圧力を受けているモンゴル人の言葉や伝統的な文化は、まさに消滅の危機にあります。東トルキスタンとチベットにおいても現在進行形で人口侵略と同化政策が推進されています。また、自分達の文化や言語を守り、真の自由を求める人々の言論は制限され、多くの市民が取り締まられています。

中国本土においても、民主活動家や法輪功の信者に対する拷問や処罰が続いており、農村部の貧困問題や生活環境の汚染も放置され、今も多くの人民が、苦しんでいます。
政府に批判的な人民を、その人々に委託されたはずの権力を用いて弾圧するような現代中国の政治体制は、中国共産党の誇る「近代」が実体のないものであることを自ら証明しています。

このように、東アジアの諸民族が、自由で民主的な社会の中で繁栄し、民族文化を興隆させることを阻んでいるのは、中国共産党政権に他なりません。逆に中国共産党に反対して囚われている人々こそ、人類の良心であり、我々の社会を明るい未来に導いてくれる大切な存在です。

良心の囚人たちの存在に目をつむるのではなく、国や民族を超えて民主主義と平和を愛する者同士が連帯し、勇気を持って立ち向かい、良心の囚人の解放を求めていきましょう。
内モンゴル人民党

「良心の囚人を救え」−中国共産党の人権弾圧の実態−

【日時】 平成23年3月5日(土) 18:20開場 18:40開始

【場所】 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟101号室

(東京都渋谷区代々木神園町3-1)

【資料代】 1000円

【主催】 内モンゴル人民党

【共催】 日本ウイグル協会、チベット問題を考える会、民主中国陣線南モンゴル人権情報センター
     チベット百人委員会モンゴル自由連盟党、日本チベット友好協会、南モンゴル応援クリルタイ

【協賛】 宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会Students for a Free Tibet 日本
     日本イスラーム友愛協会、チベット交流会



当日予定プログラム
開場18:20 開会18:40 閉会21:20
【講演1】
 司会 リ・ガ・スチント(内モンゴル人民党日本支部副代表)
 「ハダ氏について」 ケレイト・フビスガルト(内モンゴル人民党幹事長)
 (南モンゴル人権情報センターからのメッセージ発表) ジリガラ
 「ハイレット・ニヤズ氏について」 イリハム・マハムティ(日本ウイグル協会会長)
 「ドゥンドゥプ・ワンチェン氏について」 (在日チベット人)
 「劉暁波氏について」 王戴(民主中国陣線)
【講演2・パネルデスカッション】
 コーディネーター 小林秀英(チベット問題を考える会代表)
 パネリスト   ケレイト・フビスガルト(内モンゴル人民党幹事長)
          イリハム・マハムティ(日本ウイグル協会会長)
          (在日チベット人)
          王載(民主中国陣線)
          オルホノド・ダイチン(モンゴル自由連盟党幹事長)
          北井大輔(人権活動家)
          田中健之(日本チベット友好協会代表)

ハダ(Khadaa)
1955年 内モンゴル自治区興安盟ホルチン右翼前旗に生まれる。
1989年 内モンゴル師範大学哲学碩士
学生時代から南モンゴルの民主運動に参加し、1992年に南モンゴル民主連盟を創設する。1995年12月10日、自著「南モンゴルの出路」の中で、中国国内のモンゴル人の居住地域を分離して実効的な民族自治国を設置し、将来的にはモンゴル国と統一するべきであると主張したとされ、国家分裂罪およびスパイ罪により懲役15年の刑を受けた。服役中も罪を認めず、転向を拒否し続けたため、刑期は1日も減軽されなかった。2010年12月10日に釈放されたが、自宅に帰ることはなく、現在は家族とともにフフホト市内にある人民解放軍の招待所で生活しており、一般人が面会できない状態に置かれている。

ハイレット・ニヤズ(Gheyret Niyaz)
1982年 北京の中央民族学院(現在の中央民族大学)を卒業。
その後「新疆法律新聞」などでジャーナリストとして活動。中央民族大学・イリハム・トフティ副教授が運営するサイト「ウイグルビズ」などでウイグル情勢を漢語で告発したことでも知られている。2009年7月のウルムチ事件以後、外国人記者から複数回取材を受けたことに対し「国家安全危害罪」の口実で中国当局に拘束される。2010年7月の裁判では、ジャーナリストとしての自身の行動について正当性を主張したが、判決は禁錮15年。現在は刑務所に服役中とみられている。

ドンドゥプ・ワンチェン(Dhondup Wangchen)
1974年 青海省海東州化隆回族自治県に生まれる。
北京五輪を直前に控えた2008年3月に、抑圧に耐えかねたチベット人の怒りが爆発、騒乱が起きるそのチベット人の思いを伝えるため、35歳のドゥンドゥプ・ワンチェンは100名を越える一般のチベット人たちのインタビューを行い、そのテープは”LEAVING FEAR BEHIND(ジグデル)"としてまとめられる。本人は、騒乱の最中、2008年3月に中国当局に拘束され、懲役6年の判決を受けたことが判明した。
家族によれば、彼は拷問を受け、獄中でのひどい扱いからB型肝炎に感染した可能性があるものの、十分な手当を受けていないという。
2008年にチベット各地で起きた騒乱での逮捕者への判例と同様、ドンドゥプ・ワンチェンに対する公判は、一方的に不利な状況で、しかも非公開で行われたものと見られる。現在控訴中で、上級審での判断が注目される。

劉曉波(Liu Xiaobo)
1955年 中国・吉林省長春に生まれる。
コロンビア大学の研究生としてアメリカに滞在していた1989年、中国民主化運動の高まりを受け帰国。運動に身を投じ、知識人と共に抗議活動に参加。天安門事件以降は、国家反逆罪で投獄される。2008年、中国の大幅な民主化を求める「零八憲章」の主な起草者として再び中国当局に身柄を拘束される。国家政権転覆扇動罪で懲役11年の判決を受け、現在服役中。2010年には中国の民主化と基本的人権の促進への運動が評価され、ノーベル平和賞受賞。世界中に、そして彼を「反逆者」として拘束し続ける中国に大きなインパクトを齎した。

◆内モンゴル人民党
内モンゴル人民党は、南モンゴルの自決権を求めるモンゴル人によって1997年3月20日、米国のプリンストンで設立された政治団体です。中国共産党による人権蹂躪と民族絶滅政策に反対し、中国、チベット、ウイグルの民主運動家と共闘しています。現在は米国の他にドイツ、スウェーデン、フランス、オランダ、モンゴル、そして日本に支部があり、南モンゴルで弾圧されている人々の支援活動を行っております。党名は文化大革命期に起きた内モンゴル人民革命党粛清事件(組織的なモンゴル人ジェノサイド)に由来しています。
連絡先: ウェブサイト: http://www.innermongolia.org/
メール: impp@innermongolia.org
戻る
目次
 
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association