日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
協会からのお知らせ

日本ウイグル協会からのお知らせ

最新のお知らせに戻る
日本ウイグル協会 講演会 「ウイグル運動の過去と未来」

時間:2010年9月26日 開場18:30 開演19:00
場所:国立オリンピック記念青少年センター センター棟102号室

講演:ドルクン・エイサ (世界ウイグル会議事務総長)

参加費 1,000円 (日本ウイグル協会会員は500円)
主催:日本ウイグル協会


●国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052東京都渋谷区代々木神園町3-1 TEL:03-3469-2525
http://nyc.niye.go.jp/
[交通案内]小田急線参宮橋駅下車徒歩約7分/地下鉄千代田線代々木公園駅(C02)下車(代々木公園方面4番出口)徒歩約10分/京王バス代々木5丁目下車

「ウイグル運動の過去と未来」世界ウイグル会議事務総長 ドルクン・エイサ
PDFファイル(448kb) 
 
ドルクン・エイサ
Dolkun Isa


ドルクン・エイサ Dolkun Isa

ドルクン・エイサ 世界ウイグル会議事務総長
新疆大学の学生時代に、ウイグルの子供の教育状況を改善する運動を開始。1988年には学生運動を指揮し、ウルムチで民族差別反対と民族教育の保護を訴えるための大規模なデモを行った。大学を除籍処分された後、北京でウイグルの歴史書を出版するなどの地下活動を行った。中国に留まることに危険を感じトルコに移住後、ドイツに亡命した。若い世代のウイグル人らと世界ウイグル青年会議を設立し、チベットや中国民主化活動家らとも連帯して、東トルキスタン独立の為に活発に活動した。彼の活動に脅威を感じた中国政府は彼をテロリスト指定したが、国際社会にその認識はない。現在は、世界ウイグル会議事務総長を務める。

Dolkun Isa  Secretary-general of World Uyghur Congress
He launched activity to improve education for Uyghur children when he was student of Xinjiang University. In 1998, he led a student movement and performed a large scale demonstration in Urumqi to raise objection for ethnic discrimination and protection for ethnic education. After he was expelled from the university, he was involved in underground activity in Beijing such as publishing books on Uyghur history. Later he felt danger to stay on in China, and decided to escape to Turkey, and finally he moved to Germany. He established World Uyghur Youth Congress with young generations of Uyghur. He also worked for independence of East Turkistan in cooperation with Tibet and democratic activists of China. Chinese government felt fear for him and specified him as terrorist while international society has no such recognition. Currently he is secretary-general of WUC.

講演会の報告

※講演会の報告は、こちらのページをご覧ください。
日本ウイグル協会講演「ウイグル運動の過去と未来」世界ウイグル会議事務総長 ドルクン・エイサ 〜活動報告
戻る
目次
 
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association