日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
日本ウイグル協会とは

ウイグル人強制送還撤回を求めるアクション

12月21日カンボジア大使館での抗議行動
国際法に反してウイグル人亡命者を強制送還したカンボジア政府に対して、日本ウイグル協会として抗議行動を行いました。

12月21日(月)12:00より、当協会会長イリハムとウイグル支援者らがカンボジア大使館前に集まり、日本ウイグル協会の抗議文を提出しました。
当日朝にカンボジア大使館と連絡を取り、抗議文を手渡すことを確認しましたが、約束の時間に正面門でインターホンを鳴らしても反応がなく、脇から警備員らしき人が出てきました。彼が言うには、外交官ら大使館員は全員外に出ているので、書類は預かっておくとのこと。
アポイントメントを取っていたのに、大使館関係者が全員留守になるとはどういうことなのでしょうか。
結局その警備員らしき方の前で、当協会会長イリハムが抗議文を読み上げ、彼に抗議文を渡して帰ることになりました。
国際法を守らずに、ウイグル人20名の生命を政治利用した上、さらにこのような不誠実な対応を取るカンボジア政府に対して、断固抗議致します。


12月21日カンボジア大使館抗議



12月21日提出のカンボジア政府への抗議文
ウイグル人20名強制送還に関するカンボジア政府への抗議文

 私達日本ウイグル協会は、中国国内での弾圧を恐れ、カンボジア王国に亡命したウイグル人20名を、国際法に違反する形で中国に強制送還させたことについて、カンボジア王国政府に対し、抗議の意思を表明致します。

 カンボジア王国に亡命した20名のウイグル人は、本年7月5日のウルムチ事件以後、地元の武装警察などの弾圧を恐れ、カンボジア王国に助けを求めた人々です。彼らは、明らかに「政治難民」です。
 強制送還されたウイグル人20名が中国に強制送還される場合、彼らの自由と生命が脅かされることは確実です。

彼らを中国へ強制送還させる行為は、国際法に定められているノン・ルフールマンの原則に反するものであります。さらに中国の習近平国家副主席がカンボジア入りする前に、このような事態に至ったことは、ウイグル人20名の生命を政治利用したと判断せざるを得ません。

カンボジア王国はこれまで発展途上国として、他国からの多大な人道的な援助を受けてきたはずです。なぜ人道的な援助によって助けられてきたカンボジア政府が、人道に反するウイグル人亡命者の強制送還という対応をされたのでしょうか。

以上、国際法を反故にし、ウイグル人20名の生命を政治利用したカンボジア政府に対し、日本ウイグル協会は断固として抗議致します。


平成21年12月21日  日本ウイグル協会
ウイグル人強制送還に対しての抗議行動
今年の7月5日に起こったウルムチ事件後、22人のウイグル人が弾圧を恐れてカンボジアに亡命しました。
彼らはプノンペンの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で保護され、彼らの扱いは同事務所に任されているはずであり、第三国の受け入れ先を含め交渉しているところでした。

しかし中国の習近平国家副主席がカンボジアを訪問する直前に、急遽中国に強制送還されそうになっているとの情報が寄せられました。
カンボジア政府に対して、国際社会の原則に反するような強制送還という決定が下されないよう、要望するアクションを行いたいと思います。


中国の習近平国家副主席がカンボジアを訪問する前日である19日夜に、中国のチャーター便で強制送還されたとのことです。
中華人民共和国が7月5日以降続けているウイグル人への不当な逮捕や処刑、そしてカンボジア王国の国際的なルールを無視したこのような振る舞いに対し、断固として抗議致します。
今後の抗議行動についてはこのページにて告知します。
皆様のご協力よろしくお願い致します。
カンボジア大使館前で送還撤回を求める
12月19日午後15時半よりカンボジア大使館前にて、ウイグル支援者らによる緊急のアクションが行われました。
22人のウイグル人を強制送還しないよう、カンボジア政府へ要望しました。
また日本ウイグル協会もカンボジアの駐日大使に対して要望書を提出しました。

【呼びかけ文】
緊急で本日15時半からカンボジア大使館前にウイグル支援者が集まります。
日本ウイグル協会が要望書を提出する予定です。東トルキスタンの旗を持っている方いましたらよろしくお願いします。日本からのアピールとして日章旗もあればと思います。

大使館の地図
http://rfuj.net/img/091219_map.jpg
最寄駅は青山一丁目駅







2009年12月19日。カンボジアで亡命申請していた22人のウイグル人が中国強制送還されるという情報をうけて、東京のカンボジア王国大使館前にウイグル支援者が集まりました。日本ウイグル協会が要望書を提出。雪蔵山十善院住職、チベット問題を考える会代表の小林秀英氏が大使館前で世界平和とウイグルの自由のためにお経をあげる様子など。

ニコニコ動画

RFUJラジオフリーウイグルジャパンより
12月19日提出のカンボジア政府に対する要望書
2009年12月19日
カンボジア王国特命全権大使 ハオ・モニラット閣下

ウルムチ事件後に弾圧を恐れてカンボジアに亡命してきたウイグル人22人が、今日にでも中国に強制送還されると聞き、大変驚いております。
22人はプノンペンの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で保護され、彼らの扱いは同事務所に任されているはずであり、第三国の受け入れ先を含め交渉しているものと思っておりました。
それだけに、このニュースには強い衝撃を受けています。

中国はかねてより22人の送還を求めておりましたが、それを受け入れた場合、彼ら亡命者はほぼ確実に投獄され、無期懲役か死刑が待っているものと思われます。
亡命申請者のうち一人は、ウルムチ事件の際の写真や映像を外国報道機関に提供したと話しているとのことです。
カンボジア政府は、中国の習近平国家副主席のカンボジア訪問に合わせて決定されたということなのでしょうか。
国際法上では、ノン・ルフールマンの原則:生命や自由が脅かされかねない人々を追放したり送還されることを禁止する原則、があります。
中国からの圧力に屈して、国際社会の原則に反するような強制送還という決定をされませんよう、カンボジア政府に対して要望致します。

日本ウイグル協会
活動の紹介に戻る
目次
 
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association
日本ウイグル協会 Japan Uyghur Association