東トルキスタンとは


 東トルキスタンとは  شەرقىي تۈركىستان

東トルキスタン地図 東トルキスタンは中央アジアに位置し、北京からは2400kmも離れている。古来より砂漠の周縁部に点在するオアシスには都市が栄え、
シルクロードの舞台として重要な位置を占めてきた。
シルクロードは3つに分れ、それぞれ天山北路、天山南路、西域南道と呼ばれていた。ここは東西の文化の交流の場であると同時に、
独自の歴史と文化が育まれてきたのである。
東トルキスタンはユーラシア大陸のほぼ中心部に位置し、世界で最も海から遠く離れた地域であり、周囲は高山に囲まれている。
北はカザフスタンとロシア、北東をモンゴル、西をキルギスとタジキスタン、西から南西にかけてアフガニスタンとパキスタン、
南はチベットとインド、そして東は中国と接している。
降雨量が少なく、昼と夜の温度差が非常に激しい、典型的な内陸性気候である。春秋は短く、夏冬が長く、
夏であっても場所によっては夜にセーターが必要になる。冬場は最低気温がマイナス20度にもなる。

北部にアルタイ山脈、中部に天山山脈、南西部に崑崙山脈があり、これらの山脈によって大きく2つの地域に分けられている。
天山山脈より南側はタリム盆地で、その中央部にはタクラマカン砂漠がある。
アルタイ山脈と天山山脈の間にあるジュンガル盆地は、比較的降水量が多く、緑豊かな草原地帯が形成されている。
石油、天然ガスをはじめとした鉱物資源、農産物、畜産物に恵まれた天然資源の豊かな地である。

ここは中国とは別の文化が育まれてきた、テュルク系諸民族が住むトルキスタンであり、イスラム教が信仰されてきた地である。
トルキスタンはパミール高原をはさんで東西に分けられている。

●東トルキスタンの歴史
●東トルキスタン国歌

●ウイグルの文化