日本ウイグル協会学習会「ウイグルの現状と難民救援の必要性」報告と動画


日本ウイグル協会学習会「ウイグルの現状と難民救援の必要性」報告

 5月30日、東京亀戸の会議室にて、イリハム・マハムテイ会長によるウイグルの現状と難民の出現について学習会が開催されました。参加者は約40名。

 イリハム会長は、ウイグルから難民がこれまで以上に中国を脱出し、しかも、周囲の国への脱出ではなく、中国を横断し、自分の故郷から6000、7000キロを経て逃れねばならないという現状にあると指摘しました。それは、周辺諸国(中央アジア諸国)に逃れても、そこで逮捕されて強制送還されるという現実があるからだと述べました。

 そして、ウイグル人がなぜ自分の故郷から脱出しなければいけないのかを、イリハム氏は具体的な事例やウイグルの現状を報告し、今ウイグルでは「違法な宗教的な活動には参加しません、違法な宗教出版物には関わりません」と言う文書にサインしなければいけないほど管理が強まっているが、何が違法なのか、どの出版物が違法なのかは、まったく中国当局の主観に任されている、一昨年はある兄弟が、一人5年、一人7年の実刑判決が下されたが、彼らの罪は中国の回族(イスラム教徒)の地域で出版されたコーラン(正式に出版されたもの)を購入してウイグルで販売したことが「違法な宗教出版物の販売」とみなされて逮捕され実刑判決を受けたと指摘しました。そのほかにも、イリハム氏は現在では、自分の村から出て他所の村に行くのも、今は許可書(外出理由、時間などすべてが記さなければならない)が必要であり、その許可書なき移動は犯罪とみなされるなど、中国政府の弾圧はさらに強まっていることを指摘しました。

 また経済的にも、ウイグル人は漢族に仕事を取られて貧しく、両親は子供の面倒を見る暇もなく働かねばならない、義務教育はもちろん中国にもあるが、それでも色々な出費をことあるごとに要求され、貧しい家庭の子供たちは学校に行くことも難しく、また、親も充分面倒が見れず、子供たちは保育園などに行くこともできず昼間から畑などで孤独に遊んでいる、同時に老人たちはどんなに体が衰えても、生活の為に羊を飼い、わずかなお金を稼がなくてはいけないなど、中国の極端な格差社会がウイグル民族にも大きな弊害を与えていることを指摘しました。そして、これらの貧困問題や、人権弾圧は、特にウイグル南部が激しいと述べ、実際に難民の大部分は、この南部ウイグル地域からの出身者だと指摘しました。イリハム氏は、電柱に20台近くのカメラが設置された中国の監視体制を写真で紹介し、貧しく、人権も自由もなく、監視され続ける所から、子供たちや家族を守るために中国を脱出する難民が出てくるのは当然だと思うと述べました。

 実際に彼ら難民と東南アジアのある国で出会ったことを、幾つかの写真と共に紹介しました。そして70か80平方メートルほどの家の客室に、31人の子供と14人の大人が隠れ住んでいたことを報告しました。

 難民たちは身分を証明するものがないので外に出ることもできず、子供たちも、朝から晩まで、2月から5月まで、ずっとその中で隠れ住み、時にベランダに出るくらいの事しかできない。このような状態で皮膚病や感染症が蔓延しており、また、乾燥地帯に住んでいたウイグル人は湿度の高い東南アジアでは健康を崩しやすいのだが、お医者さんに魅せることもできない状態にある。今回、10日間いる間に、3人の子供が熱病に倒れたが、それでも病院に行くこともできない、行けばパスポートを要請され、それがなければ不法在留として刑務所に送られる、その恐怖感から外に出れずにいる、その中で命を失った子供もいるが、埋葬することも困難な状態にあると、難民の置かれている悲劇的な状況を説明しました。

日本ウイグル協会学習会「ウイグルの現状と難民救援の必要性」報告

 そして、東南アジアも、3年前のカンボジアから、国連の難民認定を受けられたのにもかかわらず22人のウイグル人が中国に強制送還されたこと、この時にも中国がカンボジアに経済支援を与えて彼らを引き渡させたことを指摘し、これと同様の事は東南アジア諸国で起きている、それによって、難民たちは自らが名乗り出たり、救援を公的に難民高等弁務官に求めたりすることをひどく恐れており、これが難民の救援を難しくしていると述べました。

 また、先月、ベトナムで捕まったウイグル難民の写真を示し、報じられている限りでは彼らがベトナム軍人に抵抗したり、窓から飛び降りて死んだと伝えられているが、その死体を見る限り、手錠はそのままかけられており、そのような行為に本当に及んだのかはわからないと指摘し、ベトナム側のこの事件についての説明には不十分なところが多いと述べました。また、別の写真によれば、ベトナム国境の警備兵の中に、中国の兵士のヘルメットも映っている、ベトナムは中国の軍人が国境線を超えてウイグル難民を連れていくことを許したのではないか、ベトナムは領土問題で中国に対抗しているように見えるが、ベトナム現政府もこの難民問題では、中国にきちんと対峙していないのではないかと述べました。

 そして、これらウイグル難民救援のためには、自分ウイグル人だけでは難しい、一つには、このような東南アジアでの難民救援のための組織や経験が残念ながら乏しいこと、国際社会、特に国連による難民救援がぜひとも必要であることを述べると共に、日本国もまた、このような難民を救援対象としてぜひ考えてほしいと述べました。今移民受け入れの是非がしばしば議論されるが、人道的に救援すべき難民問題に対しては、さらに日本は積極的になる必要があるのではないかと述べました。

 また、中国政府が現在公開している様々なウイグル人テロの証拠とされる『爆発物』の写真などを示し、見る限りとても爆弾装置とも弾薬とも見えない古ぼけた者や幼稚なものばかりであることを指摘すると共に、同時にウイグルでも、自分たちの生きる上での信念やよりどころを、これまで以上に激しくイスラム教信仰に求め始めている人も確かに出て来ており、その中で極端な思想が生まれることを危惧している、そして、今後のウイグル情勢はテロその他を言い訳に、酷い虐殺や弾圧は起きる危険性があることを述べて講演を終わりました。質疑応答でも積極的な質問が出され、充実した学習会になったと思います。

日本ウイグル協会学習会「ウイグルの現状と難民救援の必要性」報告
イリハム会長と司会の三浦小太郎氏


【動画】

2014年5月30日 日本ウイグル協会学習会「ウイグルの現状と難民救援の必要性」
http://www.youtube.com/watch?v=cCs2CLPVuKU

2014年5月30日、東京のカメリアプラザ(亀戸文化センター)で行われた日本ウイ­グル協会学習会「ウイグルの現状と難民救援の必要性」の動画です。

司会
三浦小太郎

講師
イリハム・マハムティ(日本ウイグル協会 会長)

※告知より
http://uyghur-j.org/japan/2014/05/uyghur_nanmin/
中国政府が「ウイグルによるテロ」と宣伝する事件が相次いでいますがその事実関係はほ­とんど明らかになっていません。一方、中国政府による弾圧が激化する中、ウイグル難民­が第三国への出国を求めて東南アジアにさまよい始めています。日本ウイグル協会代表の­イリハム・マハムテイがこの現状について報告する学習会を開催します。

●ラジオフリーウイグルジャパン Radio Free Uyghur Japan
http://rfuj.net