東トルキスタンにおける自由の侵害


東トルキスタンにおける表現の自由の侵害

 

東トルキスタンにおける表現の自由の侵害 ウイグル人がおかれている表現の自由についての現在の状況の概要である「東トルキスタンにおける表現の自由の侵害」が、2011年11月にWUCから小冊子として公開されました。
はじめに2009年7月5日にウルムチで起きた事件がその後のウイグル人の表現の自由への侵害の加速へとつながったことを解説し、続いて中国の表現の自由に関する法律制度、「国家安全危害罪(ESS)」によってウイグル人の平和的な反対意見を沈黙させること、東トルキスタンと中国の言論と情報の自由に関する現在の状況、「ジャスミン革命」のウイグル人への影響、などについて記載されています。この小冊子は表現、意見、言論の自由といった権利の行使によって拘束されたウイグル人のケースの概要を提供します。
このケースについては以下のような人々が含まれます。:アブドゥルガニ・メメットミン、ディルシャット・ペルハット、ハイレット・ニヤズ、グルミラ・イミン、メフブベ・アブレシュ、メメトジャン・アブドゥッラ、アブリキム・アブドゥレイム、アリム・アブドゥレイム、トゥルスンジャン・ヘセンこちらからご覧ください。

 

資料庫へ戻る